「SING:ネクストステージ」を観た!映画レビュー

日記

こんにちは!

イラストエッセイなどを描いているりむです。

彼氏のじゃんぼです。

今回は2022年3月18日に日本語吹替版が公開された

「SING:ネクストステージ」を映画館に観に行ってきました!

「SING:ネクストステージ」を観てきたよ!

アーティストたちの異例のコラボレーションが見どころです!

2017年公開の「SING」の続編となる今作は、

おなじみのキャラクターに加え新しいキャラクターを迎えて

さらに豪華かつユーモア溢れる作品になっています!

「SING:ネクストステージ」のあらすじ。

映画『SING/シング:ネクストステージ』公式サイト
7月13日(水)ダウンロード先行販売、7月27日(水)Blu-ray&DVDリリース!興収51億円超の大ヒットを記録した『SING/シング』待望の最新作!豪華ヒットソングに乗せ、圧倒的スケール&豪華声優陣で贈る、元気がもらえるミュージック・エンターテインメント!

「SING」で廃業寸前の劇場を見事復活させた主人公バスター・ムーン。

しかしムーンの夢はまだまだ終わらず、

今回はエンターテインメントの聖地「レッドショア・シティ」でショーを開幕させようと目論みます。

しかし、相変わらず口先だけのムーンの計画はめちゃくちゃです。

果たしてショーは成功するのか…?

「レッドショア・シティ」は、

勝手な想像ですが、自分たちにとってはきっと

「ニューヨーク」とか「ハリウッド」みたいなイメージですね。

今回のショーの主役を務めるロジータは

「レッドショア・シティのステージに立つのが子どもの頃からの夢だった!」

と劇中で語っていますね。

日本語吹替版のキャスト情報。

主要キャラクターは初回「SING」と変わりません。

主役のバスター・ムーンはウッチャンナンチャンの内村光良さんです。

普段はシンガーや芸人さんとして活躍している人が

声優を務めているところがこの映画の大きな特徴の一つです。

中でもMISYAさんが象のアフレコをするなんて、SINGならではのキャストですね!

そして「SING:ネクストステージ」では新たなキャラクターが数人登場するのですが、

こちらも期待を裏切らないキャストでした…!

一番楽しみにしていたのが、

B’zの稲葉浩志さんが演じるライオンのロックミュージシャン、

「クレイ・キャロウェイ」の歌です!!

稲葉さんが…声優だと…!??

って感じだね。

MISYAさんも稲葉さんも、ゴリラのジョニー役の大橋卓弥さん(スキマスイッチ)も…

歌を聴くと「あの人だ!」となる人ってとても憧れます。

そんなアーティストの方々の声が画面の中で

生き生きとキャラクターとマッチしているのが新鮮でとてもワクワクします!

豪華な音楽の数々。

「SING」では劇中にたくさんの世界のヒット曲が流れます。

初回の「SING」でもテイラー・スイフト、カーリー・レイ・ジェプセンなど

聞いたことのある音楽がたくさんあって

サウンドトラックのCDを購入してしまったくらいです。

「SING」から5年が経ち、最近のヒット曲も流れました!

中でも「聞いたことあるぅぅ!」となったのが

Señorita/ショーン・メンデス&カミラ・カベロ

bad guy/ビリー・アイリッシュ です。

すっごく余談なのですが、アマプラで「シンデレラ」を観てから

カミラ・カベロさんの歌をよく聴いてます。

「SING:ネクストステージ」の感想。

※以下、ネタバレを含みます!!ご注意ください。

.

.

.

.

.

「SING:ネクストステージ」は、相変わらずぶっ飛んだあらすじだけど

アニメーションの華やかさ、豪華なキャストと楽曲が見ごたえのある映画でした!

あらすじはなんとなく分かる展開というか

ちょっと薄いところもあったかもしれません。

クレイ・キャロウェイをもう一度ステージに立つように説得するシーンとか、

粘った結果意外とあっさり説得してしまって、

もう少し過程が知りたかったような気もします。

初回の「SING」でもバスター・ムーンはめちゃくちゃな計画を立てて

犯罪まがいのことをして(電気盗んだり)、

最後も運よく劇場の再建の資金を出してもらったり…

ぶっ飛んでいるわりに「幸運」でなんとかなる…(笑)

という超ポジティブストーリー映画なのですが、

「SING:ネクストステージ」でも

やはり犯罪まがいのことをしていて(相手をだまして契約したり勝手に劇場使ったり)

でも最後は何故か契約相手のオオカミ、ジミー・クリスタルだけ

「自分を騙した怒りからムーンを突き落とした」という罪?で逮捕されていて

「ムーンは逮捕されなくていいのか???」となりました。(笑)

やっぱりスーパーポジティブストーリー!

まぁそれはそういう映画(ジョーク)

ということなのでしょう!

やっぱり見どころは歌なのです!

「SING」という題名のとおり、ストーリー以上に楽曲に重点が置かれた作品です!

前述のとおり、もうキャストが豪華で

映画でありながらたくさんのいい音楽に触れることができます。

ライオンとしての稲葉さんの歌が聴ける

稲葉さんと長澤まさみさんのコラボソングが聴ける

それがこの映画の贅沢なポイントなのです。

ヒットした音楽たちは、やっぱり聴くだけでノリノリになれる!

観た後に楽しい気持ちになれるのは間違いなしです!

まとめ。

今回は「SING:ネクストステージ」の映画情報、レビューをまとめました!

音楽が好きなわたしにとって、個人的に好きな映画なので続編を楽しみにしていました!

続編もたくさんのノリのいい音楽をシャッフルで聴けて

豪華なアーティストのここだけのコラボが観られる贅沢な映画でした。

すごく個人的な感想ですが、

ゴリラのジョニーのパパ「ビッグ・ダディ」が、

わたしの父親に似ているので

続編でも出てきて嬉しかったです。

えッお父さんゴリラに似てるの!??

最後まで見てくれてありがとうございました!!